February 24 (2024) In-person Event 【SLA研究×認知心理学】語彙・文法学習における練習(Practice)研究の最前線

Happy New Year 2024!




外国語教育メディア学会(LET)関西支部 基礎理論研究部会主催 2023年度 公開講演会
SLA研究×認知心理学:語彙・文法学習における練習(Practice)研究の最前線

招待講演者1:鈴木 祐一 先生 (神奈川大学) Dr. Yuichi Suzuki (Kanagawa University - Lecture 1)
招待講演者2:中田 達也 先生(立教大学) Prof. Tatsuya Nakata (Rikkyo Univereity - Lecture 2)

講演者紹介: 門田 修平 先生(関西学院大学) Prof. Shuhei Kadota (Kwansei Gakuin University - Introduction)
司会:金澤 佑 (大阪大学) Dr. Yu Kanazawa (Osaka University - Moderation, Event Hosting)

2024年2月24日(土)午後2時~午後4:40(午後1:30開場)

<<概要>>
 近年、認知心理学の理論や知見を援用した第二言語習得(SLA)研究が注目を集めている。
 第1部では、外国語教育における練習(Practice)の役割がどのように変わってきているかを第二言語習得研究と認知心理学の観点から概観する。具体的には、外国語教育の効果を高める上で重要な練習の5原則(deliberate, systematic, transfer-appropriate, feedback, desirable difficulty) と実証研究の成果を紹介する。
 第2部では、第二言語語彙練習の効果に影響を与える諸要因について論じる。具体的には、テスト(想起練習)、peer testing、和訳テスト・英訳テスト、音声を伴うテスト、多肢選択式テスト、フィードバック、累積テスト、random selection test、分散学習などについて考察する。

<講演者による関連文献の例>
 - Suzuki, Y. (Ed.) (2023). Practice and automatization in second language research. Routledge.
 - 中田達也 (2023).『最新の第二言語習得研究に基づく 究極の英語学習法』 KADOKAWA
 - 中田達也、鈴木祐一 (編) (2022). 『英語学習の科学』 研究社

プログラム:
14:10- 講演 第1部(鈴木先生) Practice研究の新しい動向:効果的な文法練習とは?
15:10- 休憩
15:20- 講演 第2部(中田先生) 第二言語語彙学習における効果的なPractice:どのような練習をいつ行うべきか?
16:20- 質疑応答

◇講演会(参加費無料):事前参加登録は不要です。
   *講演会の定員は約90名です。
    会場(講演会):関西学院大学 大阪梅田キャンパス 
    〒530-0013 大阪市北区茶屋町19-19 アプローズタワー14階 1405教室

◇懇親会(会費5,500円):下記Google Formアドレスからお申し込みください。
   *懇親会は先着25名で締め切りとなります。どうぞお早めにお申し込みください。
             https://forms.gle/aVZYdPd7AH7FbFEf6(事前受付締切:2/3土)
    会場(懇親会):BALILax THE GARDEN Umeda 
    〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪 南館8F
    
*講演会のみ、懇親会のみの参加も可能でございます。

問合せ: 執行部(金澤 佑・ラフラー ルイ・大竹 翔子)let.fmt.sig [at] gmail.com

**懇親会申し込みはこちらからも可能です(上記と同じフォームです)↓

Comments

Popular posts from this blog

March 23 (2024) Symposium (P4ELT Day) 【哲学対話×英語教育】

May 20 (2023) Meeting